SEOトップ >> SEOレファレンス >> SEOの歴史
    SEOの歴史

SEOの歴史とは、スパムとの歴史といってもよい。

SEOと検索エンジンは切っても切れない関係なのだが、検索エンジンはよりユーザーが欲しいサイトを提供(上位表示)したいが、SEO業者はユーザーが欲しいと思わないサイトでも、検索エンジンのアルゴリズムの穴をついて上位表示させたいという相反するNeedsにより「アルゴリズム変更」→「アルゴリズム解析・サイト修正」→「アルゴリズム変更」を繰り返し、現在でのそのスパイラルは続いている。

ただ、小手先のSEO修正を行っても、今後のアルゴリズム修正によって検索結果より除外されたり、最悪はペナルティを受けてることとなる為、本来あるべき顧客視点の内容の充実したサイト作りを行うことが最終的にはサイト修正コストなどを抑えるよい方法と思われる。

【ちょっと一息♪】
1996年~1997年において、検索エンジン自体は非常に簡単なアルゴリズムしか持っていなかった。代表的なアルゴリズムとしては、「ページの中にいくつキーワードが含まれているか」というものであった。これは現在でもある程度の妥当性は測れるが、スパムとしてキーワードを数多く記述するサイトを作成すれば、正しくないサイトが上位表示されることとなる。そこでキーワード出現率や、全体の単語総数に出現率に上限も設けるといった制限を実装した。これは現在のアルゴリズムにも実装されている。

1997年~1999年における最も大きな基準となったのは、「METAタグ」と呼ばれるHTMLの部品で、METAタグとキーワードの出現率を掛け合わせた形式のアルゴリズムである。しかし、METAタグは目には見えない情報である為、サイト製作者が明示的に記載を行わなかった為に検索結果順位に大きな影響を与えなかった。

1999年~2000年における検索エンジンの流れは、PageRankといった単一サイトだけでは解決できないアルゴリズムをもったGoogleの登場により劇的な変化が起こった。
これにより、検索エンジンの穴をつくことにより上位表示させることができなくなったのである。

ただ、次の手法としてPageRankアルゴリズムをだます為に、自社でリンクを張るだけのサーバーを多数用意し、自社のPageRankを張る手法が出来上がった。この手法は、サーバー維持費用の低下によりさらに広がり、リンクを売るだけの業者も出てきたのである。

そこでGoogleはサーバーのIPアドレスを見て、スパム業者かどうかを判断し、スパムサーバーを評価対象からはずしたり、リンクを張られたサイトにもペナルティを与えるアルゴリズムを実装した。

リンク業者は上記対応により、IPアドレスを分散したり、アフィリエイと機能をつけて、ブロガーに対して記事を書かせたりといった手法でGoogleが判断しにくいようなリンクの販売を行いました

これに対し、内容が薄かったり、広告リンクが多すぎるサイトの評価を落とすといった対応を行っている。


【 SEOリファレンス一覧に戻る 】
 
   最新情報
[2020/12/01] SCの検索パフォーマンスとGMBのインサイトのデータはどうして一致しないのか?
[2020/11/30] Google検索のパーソナライズ機能が向上、ユーザーの検索履歴に基づいたクエリを提案
[2020/11/30] グーグルSEOのランキング要因にコアウェブバイタル、2021年5月からに決定【海外&国内SEO情報ウォッチ】
[2020/11/30] なぜAMP⚡はコアウェブバイタルに優れているのか?
[2020/11/26] 新バージョンのクロールの統計情報レポートがSearch Consoleに登場
[2020/11/25] GoogleのPassage Indexingは野菜の中に埋もれているトマト🍅を探し出すことができる
[2020/11/25] 強調スニペットとPassage Indexingは何が違うのか?
[2020/11/20] Googleウェブマスター向けブログからGoogle検索セントラルブログへの移行が完了(英語記事のみ)
[2020/11/19] Google、リンク否認ツールの新バージョンを公開。直感的なUIでわかりやすく
[2020/11/19] Google、古いコンテンツの削除ツールをリニューアル
[2020/11/17] 次のGoogleコアアップデートはいつになるのか?年内の実施はあるのか?
[2020/11/16] 検索順位が1位で表示回数も多いのにクリックされない幽霊クエリの正体は?【海外&国内SEO情報ウォッチ】
[2020/11/16] HTTP/2によるGooglebotのクロールが始まる
[2020/11/13] Google Passage Indexingは検索結果にどのように表示されるのか?
[2020/11/12] Google、サイト管理向けリソースを「ウェブマスター セントラル」から「検索セントラル」へ移行
[2020/11/11] 【Webストーリー新着情報】Discover掲載、WordPressプラグイン、投票&クイズ、クリエイター育成動画
[2020/11/11] 2021年5月、Core Web VitalsがページエクスペンリエンスシグナルとしてGoogleのランキング要因になる
[2020/11/09] 全サイトのモバイルファーストインデックス移行後もパソコン用Googlebotはクロールを続ける
[2020/11/09] Google、data-vocabulary.org構造化データのサポートを2021年1月29日で終了
[2020/11/09] ユーザーの要望を満たせればアフィリエイトでも問題ない、Google社員が明言
 
お問合せ
ROI効果検証