SEOトップ >> SEO業者比較 >> Yahoo!リスティング
    Yahoo!リスティング

Yahoo!Japanの運営するYahoo!リスティング

Yahooが運営するリスティング広告です
大きく分けて下記の2つに分類されます。

①スポンサードサーチ
 Yahoo! JAPANをはじめ主要提携サイトの検索結果などに、検索したキーワードと関連性の高い広告を掲載するサービス、それがスポンサードサーチです。
インターネット上で商品やサービスを探しているお客様に最適な広告を表示する仕組みです。これからの見込み客にダイレクトにアピールすることができます。

1. 「キーワード」でダイレクトに消費者に訴求
2. 効果が見えるレポート機能
3. 前払い広告料金3000円からはじめられる(初期費用不要)
4. 料金はクリックされた分だけ
5.広告掲載期間を自分でコントロールできる
6.携帯電話サイトにも広告を掲載
7.充実のサポート体制

②インタレストマッチ
 検索しているお客様をターゲットにしたスポンサードサーチに対し、特定のテーマに興味を持っているお客様をターゲットにしアピールする広告サービス、それがインタレストマッチです。
インターネットを利用中のお客様が閲覧中のページ内容や興味関心(過去の閲覧履歴や検索キーワード)などから、広告主様の商品やサービスに興味がありそうな人に広告を表示する仕組みです。これからの見込み客の潜在ニーズにアプローチすることができます。

1. 潜在顧客に幅広く訴求
2. 効果が見えるレポート機能
3. 前払い広告料金3000円からはじめられる(初期費用不要)
4. 料金はクリックされた分だけ
5.広告掲載期間を自分でコントロールできる
6.携帯電話サイトにも広告を掲載
7.性別・年代・地域・時間帯で絞込み可能
8.充実のサポート体制

【URL】
 http://listing.yahoo.co.jp/



【 SEO業者比較一覧に戻る 】
 
   最新情報
[2020/11/26] 新バージョンのクロールの統計情報レポートがSearch Consoleに登場
[2020/11/25] GoogleのPassage Indexingは野菜の中に埋もれているトマト🍅を探し出すことができる
[2020/11/25] 強調スニペットとPassage Indexingは何が違うのか?
[2020/11/20] Googleウェブマスター向けブログからGoogle検索セントラルブログへの移行が完了(英語記事のみ)
[2020/11/19] Google、リンク否認ツールの新バージョンを公開。直感的なUIでわかりやすく
[2020/11/19] Google、古いコンテンツの削除ツールをリニューアル
[2020/11/17] 次のGoogleコアアップデートはいつになるのか?年内の実施はあるのか?
[2020/11/16] 検索順位が1位で表示回数も多いのにクリックされない幽霊クエリの正体は?【海外&国内SEO情報ウォッチ】
[2020/11/16] HTTP/2によるGooglebotのクロールが始まる
[2020/11/13] Google Passage Indexingは検索結果にどのように表示されるのか?
[2020/11/12] Google、サイト管理向けリソースを「ウェブマスター セントラル」から「検索セントラル」へ移行
[2020/11/11] 【Webストーリー新着情報】Discover掲載、WordPressプラグイン、投票&クイズ、クリエイター育成動画
[2020/11/11] 2021年5月、Core Web VitalsがページエクスペンリエンスシグナルとしてGoogleのランキング要因になる
[2020/11/09] 全サイトのモバイルファーストインデックス移行後もパソコン用Googlebotはクロールを続ける
[2020/11/09] Google、data-vocabulary.org構造化データのサポートを2021年1月29日で終了
[2020/11/09] ユーザーの要望を満たせればアフィリエイトでも問題ない、Google社員が明言
[2020/11/09] どのようにしてGoogleは重複URLを検出し正規化しているのか?
[2020/11/04] スマホで見られないページは2021年にグーグルから消える!? MFI強制移行で【海外&国内SEO情報ウォッチ】
[2020/11/04] Google、PC検索でのハウツー リッチリザルトを再開。3度目の正直になるか?
[2020/11/04] 全サイトのモバイルファーストインデックス以降後もパソコン用Googlebotはクロールを続ける
 
お問合せ
ROI効果検証